恋のうた-3



   とうめいな
   波紋をひとつ
   水底までの
   時間は
   数えないで


   つまさきは
   その深さを
   はかれない
   迷い込んだ
   水の森で


   落とした
   小石は
   きらきらと
   帰れないまま
   帰らないまま


   あとすこし
   もうすこし
   溢れる時間が
   空の蒼さで
   こぼれてゆくよ





by mizuki-100 | 2019-02-02 12:37 | すみれの花冠(てのひら詩)
あいまいなとくべつ >>